ケータイソムリエ今夏から登場・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイソムリエ今夏から登場


ケータイソムリエ、

今夏から登場…

料金プランなど案内

 総務省は今年夏をめどに、携帯電話の販売員を対象に認定資格「ケータイソムリエ」を創設する。料理に応じたワインを勧めるソムリエに倣い、料金プランや、有害サイトに接続できなくする「フィルタリング(選別)サービス」などに詳しい販売員に「お墨付き」を与える。

 店頭での販売員の説明力を高め、消費者の誤解や不利益を減らす考えだ。


本当に必要なのだろうか。なんだか国って他にやることいっぱいあるのではないだろうか
と思ってしまうことをする。
総務省は今年夏をめどに販売員を対象に認定資格ケータイソムリエを創設するらしい。
正直あまり意味がないきがするのだが、こういったものを創設するのにやっぱり
お金って使われるのですよね。
それとも資格もらうのにお金取れるからとか。


 認定資格の運用は、総務省が認定する非営利組織(NPO)などに委ねる方向で検討している。1月中に、運用団体の資格や検定試験などに関する指針を公表する。

 携帯電話の料金プランは複雑でわかりにくいという声が多い。基本料を半額にする代わりに、2年間は解約できないなどの契約内容が利用者によく伝わらず、解約などを巡るトラブルが絶えないという。

 また、未成年者が携帯の出会い系サイトを通じて犯罪などに巻き込まれる事例も深刻化しており、保護者にフィルタリングサービスへの加入を促すなど、販売店での対応が重要になっている。

引用・Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000003-yom-bus_all


確かに以前から携帯電話の料金プランは分かりづらかったりしますし、
最近はもっと複雑化して、販売員もいまいちだったりするとかいわれていますが、
買う側としては、別にケータイソムリエでなくても、ちゃんと説明してくれる販売員さんが
いればいいのではないかと思う。
というか、売る側がちゃんと説明できるようにしておくのはあたりまえでは?
店頭での販売員の説明力を高め、消費者の誤解や不利益を減らす考えだそうだが、
わざわざ資格化する必要性がいまいち分かりません。
まあどちらにしても、買いやすくなるのならいいんですけどね。

スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。