ねんきん特別便・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんきん特別便


ねんきん特別便

「わかりづらい」 見直しの動き

 

 誰のものか分からなくなった約5000万件の年金記録をめぐり、記録漏れ確認の切り札と期待された「ねんきん特別便」が発送約1カ月でつまずきが明らかになり、政府内には早くも書式をわかりやすくできるかなど抜本的な見直しを検討する動きが出ている。記録訂正の必要の有無を回答したのは3分の1、しかも、大半が記録漏れの疑いがあるにもかかわらず「訂正の必要なし」と回答したからだ。「特別便はわかりづらい」という懸念が現実となった格好だ。


正直、やっぱりと思う人は多いのではないだろうか。
誰のものかわからなくなった約5000万軒とも云われる年金記録の記録漏れ確認の
切り札として期待されていた(かどうかは分からないが)
ねんきん特別便、早くもつまづきが明らかになった。
テレビ等でも散々やっていたが、分かりづらく、こんなんで大丈夫だろうか?
と懸念されていたが、そのとおりとなったようだ。
記録訂正の有無を回答したのは3分の1で、しかも大半が記録漏れの疑いがあるにも
かかわらず訂正の必要なしの回答をした。

 こうした事態に社保庁は、「訂正の必要はない」と回答した1000人のサンプル調査を急遽(きゅうきょ)実施。記録漏れの可能性がさらに強まった人には、再確認の電話を始めた。

 今月16日発送分からは、確認を促す赤字の注意書きが特別便の封筒にスタンプで押された。

 舛添要一厚生労働相は18日、「(再確認では)マニュアルを作り、『このころ大阪にいなかったか』『(勤務先は)機械関係の工場だったか』などと誘導して記録を埋める」とヒントを与える考えを示した。これは、社保庁が固執した、本人が申し出てきてはじめて記録訂正を行う「申請主義」の転換ともいえる。

 政府では、書式変更が可能かどうかも検討する構えだ。特別便の回答率の低さや、予想以上に「訂正の必要なし」の回答が多いのは、その読みづらさに起因するとの見方が強まっているのだ。

 「特別便」といっても、加入記録がずらりと並ぶだけ。どこに注目し、何をチェックすべきかといったヒントは一切示されていない。社保庁は「ヒントを与えると高齢の年金受給者は、他人の記録でも自分の記録と思い込む可能性もある」(幹部)とし、あえて、自分で思いだすことが必要な“不親切”な書式を採用した経緯がある。

 専門家からは「数十年前に転職を繰り返した場合など記憶を呼び起こすのは困難だ」などとし、確認作業は進まないとの指摘もあった。民主党は当初から「注意すべきポイントなどヒントを入れた書式に変更すべきだ」と主張しており、国会での論議は確実だ。

 特別便は先月17日から年金受給者73万1842人に送られたが、昨年12月に送付した約48万人のうち、回答したのは約16万人。14万人が「訂正の必要なし」だった。

 送付を終えたのは、社保庁が「大半が訂正を求めてくる」(幹部)とみていた分。記録漏れがあっても、見落としてしまい、「訂正なし」と答えたケースが多いとみられる。未回答者の多くは、どう判断すべきかわからず、放置しているとも考えられる。「特別便を送りさえすれば、国民の協力で5000万件は大きく解決する」(社保庁幹部)という見通しは甘かったようだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080120-00000901-san-pol

一見見ただけでは、どこがどう記録が抜けているのか分かりづらい、
それに多くの人は、記録も残していないだろうし、事細かに覚えていはいないだろう。
そうなれば記事に書かれているように、分からなくて訂正なし、と回答したケースが多く、
未回答の人はどう判断すればいいのか分からず放置なのだろう。
当初から分かりづらいと言われていたのに、特別便を送りさえすれば、国民の協力で
大きく解決するなんて考えているとは相変わらず甘い社保庁ですね。
結局見直さざる終えないし、再確認の電話をしたり、二度手間で余計なお金もかかるで
何をやっても国民からの不信は消えないですね。
何かひとつでもいいから国民に安心を与えてください。

スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。