アップル 「MacBook Air」を発表・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル 「MacBook Air」を発表


アップル、厚さ19.4ミリの“0スピンドル”

モバイルノート「MacBook Air」を発表

アップルは1月16日(米国時間1月15日)、モバイルノートの新シリーズ「MacBook Air」を
発表した。MacBook Airは13.3インチワイド液晶ディスプレイを搭載したモバイルノート型Mac。
本体サイズは325(幅)×227(奥行き)×4~19.4(高さ)ミリ、重量は約1.36キロで、
MacBookおよびMacBook Proの中で最も薄型軽量のモバイルノートとなる。
ボディの材質は酸化皮膜処理したアルミニウムだ。

今朝、テレビで見ました。
ipod touch(アイポッドタッチ)が出たときにすごくほしくて
その機能をもったパソコンで、これまたすごくほしくなりました。
色々と遊び心のあるパソコンで、かなりの人気商品になるのでは
ないかと思いました。

13.3インチワイド液晶ディスプレイは1280×800ドットの画面解像度と最大約1670万色表示に対応し、LEDバックライトにより薄型化を図っている。液晶ディスプレイの上部にはWebカメラ「iSight」も内蔵している。

 CPUは通常のCore 2 Duoからパッケージサイズを60%小型化した特別設計のCore 2 Duoを採用。動作クロックは標準で1.6GHz、オプションで同1.8GHz(+3万6800円)を選択可能だ。いずれのCPUもFSBは800MHz、2次キャッシュ容量は4Mバイトとなる。グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA X3100を用いる。

 メインメモリは2Gバイトの667MHz DDR2 SDRAMがオンボードで実装され、増設はサポートされない。HDDは標準が80Gバイト/4200rpmのパラレルATAドライブ、オプションでHDDの代わりに64GバイトのSSD(+12万1800円)を選択することも可能だ。光学ドライブは内蔵しておらず、オプションで8倍速書き込みに対応したUSB接続の外付け光学ドライブ「MacBook Air SuperDrive」(+1万1800円)が用意される。

 キーボードは日本語配列のフルキーボードに加えて、BTOオプションで米国仕様のUS配列フルキーボードを用意。いずれもバックライトキーボードを採用している。トラックパッドはマルチタッチ操作に対応し、2本指でのスクロール操作をはじめ、2本の指でつまむ(ピンチ)、左右にこする(スワイプ)、回転させるといった動作で文字の大きさを拡大縮小したり、画像の向きを調整できる。

 インタフェースはUSB 2.0×1、Micro-DVI、ヘッドフォン出力を装備。モノラルスピーカーと無指向性のマイクも内蔵している。通信機能は、AirMac Extreme(802.11nドラフト)、Bluetooth 2.1+EDRを標準で備えている。

 底面には大型のリチウムポリマーバッテリー(37ワットアワー)を装備し、約5時間の連続駆動が可能。45ワットのACアダプタ(MagSafeコネクタおよびケーブル巻取り機能付き)も付属する。そのほかの付属品は、Micro DVI-DVIアダプタ、Micro DVI-VGAアダプタ、インストール/リストア用DVD、クリーニングクロスなど。

 ソフトウェアはMac OS X v10.5 LeopardとiLife'08をプリインストールしている。

 MacBook Airは同日より日本国内で発売を開始、発売時で2~3週間の出荷予定となっている。Apple Storeでの価格は、Core 2 Duo 1.6GHzと80GバイトHDDを搭載したモデルが22万9800円、Core 2 Duo 1.8GHzと64GバイトSSDを備えたモデルが38万8400円だ。


(引用:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000005-zdn_pc-sci

凄い薄くて、かなりの軽量だけれども、今までの機能はそのままに、さらに新しい
機能がついているという優れもの。
なんといっても魅力は、トラックパッドで、指2本で写真の大きくしたり、小さくしたり、
回転させたり、そして指3本で、画像を送ったり戻したりとかなり便利。
そしてディスプレイの上部にカメラが着いているので、撮ってすぐに編集等できる。
かなり楽しそうなパソコンのようです。
値段もかなりするのかと思ったら、驚くほどの値段でもなく、今後の売れ行きに
注目したいですね。
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。