民営郵政スタート・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民営郵政スタート


民営郵政スタート、

社員24万人の超巨大グループに

正直よく分からないが、10月1日から郵政民営化がスタートした。
あまり利用していないので、何が変わるのかあまり実感がない。


民営郵政が1日スタートした。

 日本郵政公社は政府出資の株式会社、日本郵政グループに生まれ変わり、明治以来130年余り続いた官営郵政は幕を閉じた。

やはりそれなりに色々と変わるのだろうけど、直接関係ありそうなのが
ATMや窓口利用の際の手数料が上がったということかな。
あまり利用していませんが、利用者としては、手数料が結構高いという
イメージだったので、余計りようしなくなるな、とおもいました。

 都市部の規模の大きい約400の郵便局では、1日午前0時半から郵便サービスの窓口業務が始まった。東京・日本橋の日本橋郵便局では、民営化の準備のために休止していた「ゆうゆう窓口(時間外窓口)」が開くと、さっそく利用者が訪れた。

 1日午前9時からは、民営化を記念する記念切手が発売される。JR東京駅前の東京中央郵便局など一部では、混雑が予想されるため販売開始を午前8時に繰り上げる。また、新規事業の一つとして、首都圏の23の郵便局で自動車保険の受託販売を始める。


そういえば、民営化にあたって、都市部の郵便局は問題ないでしょうが、
利用者が少ない地方の小さな郵便局はどうなっていくのでしょうか?
民営化なのだから営利を考えるのは当然でしょうし、地方にとっては貴重な
郵便局が、大きなところにどんどん統合されてしまったら、
困る人がたくさんいるとおもうので、その辺はどうなっていくのか不安ですね。


Yahoo!ニュースより引用)

スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。