「らーめん缶」の次は「うどん缶」・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「らーめん缶」の次は「うどん缶」


「らーめん缶」の次は「うどん缶」

以前、秋葉原でらーめん缶が流行っているという話題を記事にしたことがある。
今回これの、うどん缶が発売したそうだ。

 秋葉原などで人気のラーメン風味の缶詰「らーめん缶」を開発・販売するUMAIはこのほど、うどん風味の缶詰「うどん缶」を全国の自動販売機で発売した。きつねうどんとカレーうどんの2種類あり、らーめん缶同様コンニャク麺を使用し、のびにくく崩れにくいのが特徴。らーめん缶よりも麺を太くした。

 きつねうどんは細かく刻んだ油揚げやかまぼこ入り、カレーうどんは豚肉入りで、和風だしを利かせた。それぞれ280グラムで73Kcal。フォークも付いており、缶を開ければそのまま食べられる。

コンニャク麺をらーめん缶同様しようしているので、伸びにくく、崩れにくいのが特徴
うどんなのでらーめん缶より麺は太いそうです。
味は、きつねうどんとカレーうどん。
人気の味付けですね。
やっぱり一度食べてみたい気がします。

 オープン価格で、実売予想価格はきつねうどんが300円前後、カレーうどんは350円前後。今後はけんちんうどん缶や、ご当地ラーメンや有名ラーメン店の缶詰を発売する予定だ。

 らーめん缶は、都内のラーメン店「麺屋武蔵」店主が、ガスや水道が止まった新潟県中越地震被災地で炊き出しを行った際、ガスや水が止まった被災地でもラーメンを提供したいと思ったことがきっかけで開発されたといい、今年4月の発売以来200万缶売り上げた。

 同社は「うどん缶をラインナップに加えることで、一般消費者や地震の被災者に、商品を選べる楽しさを提供したい。今後も缶食文化の成長に期待し、貢献していく」としている。

Yahoo!ニュースより引用)


今後はけんちんうどんや、ご当地ラーメン、有名ラーメン店の缶詰を
発売していくようです。
らーめん缶の開発のきっかけが、あの有名ラーメン店麺屋武蔵の店主が、
新潟中越地震被災地で炊き出しを行ったとき、ガス、水道が止まってしまった被災地でも
ラーメンを提供したいという思いから開発されたそうで、
いろいろな意味で今後も注目していきたい商品です。

スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。