FC2ブログ
電話機のコードねじねじ現象・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話機のコードねじねじ現象


電話機の「コードねじねじ現象」が

発生する理由

電話機を使っていると多くの人が経験しているのではないでしょうか。
電話機と受話器を結ぶコードがねじねじになりダンゴ状になってしまう。
これって結構大変なんですよね。なぜこのようなねじねじになってしまうのでしょうか。

電話機と受話器をむすぶコードがいつの間にかねじれてしまう“怪現象”を経験したことはないだろうか。普通に使っているはずなのに、カール式のコードがどんどんねじれて、ついには受話器を持ち上げるのに支障をきたすほど、ダンゴ状になってしまうという現象だ。

 オフィスでは有線のビジネスホンが多いため、「コードねじねじ」現象が発生する頻度が特に高い。しかも、同じ事務所の中で同じ機種を使っていても、従業員Aさんはやたらコードがねじれるのに、従業員Bさんにはまるで起こらないなど、発生頻度にはかなり個人差がある。まさしく“怪現象”だ。

 こうした現象が起こる原因の1つは、持った受話器をもう一方の手に持ち替える際、無意識に反転させていること。実際にやってみるとよく分かるが、例えば右手で受話器をピックアップし、耳に当てるとコードは時計と反対方向に約90度回転する。その後左手に持ち替えて再度耳に当てるとさらに約90度回転することになる。切る時にそのまま左手で電話機本体に戻すと、通話前の状態からコードた約180度ねじれた状態になる。次の通話も右手で受話器を取り、左手に持ち替えて置くとさらに180度ねじれる――。こうしてコードがどんどんねじれていくわけである。

このねじねじ現象が起こる原因の一つは持った受話器をもう一方の手に持ち替える際に、
無意識に反転させていることだそうです。
書かれているように無意識にやっているのでなかなか気がつかないようですが
意識してやってみるとなるほどと良く分かる。

 通話を10回すれば、上の半回転行為が計10回、つまり5回転分ねじれるというわけだ。電話の頻度にも拠るが、1週間も経てば、コードが見事にダンゴ状になってしまっても不思議ではない。使い方のクセがこの“怪現象”を生み出しているのである。

解消するには、まず電話をする時に受話器を左耳に当てるのか、それとも右耳なのかを確認すべきだ。もし右耳に当てるのであれば、受話器を持つ手は右手なので、電話機本体は体の正面から向かって右側に置くようにする。こうすれば、受話器をピックアップしてから戻すまでの間、もう一方の手に持ち替える必要がなくなるため、コードのねじれは発生しなくなる。

 電話機を置く位置を変えるという単純な行為で、ウソのようにコードのねじれが解消されるのが分かるはずだ。ダマされたと思って一度やってみるとよい。ちなみに、通話しながらメモを取ることが多い人は、右利きであれば電話機を正面から向かって左側に置き、左手で受話器を取るクセを付けたほうがいい。

 もっとも、通話が長時間に及ぶ場合など、クセで受話器を左手から右手へ、右手から左手へと持ち替えることも少なくない。この場合は上記の方法では効果がないので、「ねじれTEL2」のような専用グッズを導入してみるのもいいだろう。

 ちなみに、ねじれTEL2を受話器の根元に装着すると、カールコードが回転するようになる。コードが回転するようになるので、受話器を右手から左手に持ち返ることで発生する回転が原因のねじれを防ぐのだ。

製品名   標準価格   発売元
ねじれTEL2(TEL-TW2)   ねじれTEL2(TEL-TW2)619円   サンワサプライ

この解消法は、受話器を左耳に当てるか、右耳に当てるか確認する、受話器を右耳に
当てるのであれば受話器を持つ手は右手なので受話器本体を体の正面から無あって右に
おくようにする。
電話機を置く位置を変えるということで解消されるようだが、どうでしょう試しに
やってみてもいいかもしれませんね。
ねじれ防止の専用グッズ、ねじれTEL2なるものもあるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000028-zdn_b-sci

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。