FC2ブログ
障害者雇用・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者雇用


障害者の雇用、ユニクロが1位…

2位マック、3位しまむら


厚生労働省が、従業員5000人以上の民間企業、公的機関での障害者の雇用状況を
発表した。以外にも障害者雇用率がもっとも高いのがユニクロだったということです。
ユニクロっていろいろなことを積極的に取り入れる会社なのですね。

 厚生労働省は26日、従業員5000人以上の民間企業や公的機関での障害者の雇用状況(2006年6月現在)をまとめた。

 障害者雇用率が最も高かったのは、カジュアル衣料の「ユニクロ」の7・42%。656・5人(障害の重度や労働時間に応じ、1人の雇用を2人分と数えたり、0・5人分と数えたりする)を雇用し、全産業の平均1・52%を大幅に上回った。

ユニクロの雇用率は全産業の平均が1.52%だったのに対し、7.42%と大幅に上回っていた。
確かに民間企業としては障害者を雇用するということはイメージのアップにもつながるし
国とかからの支援みたいなものが得られたりするのでしょう。
でもそれでも凄いなと思います。なかなかできることではないと思います。



 障害者雇用促進法は、企業などに障害者の最低限の雇用割合を定め、民間企業の法定雇用率は1・8%。5000人以上の企業の平均雇用率は1・79%だった。業種別では、飲食店・宿泊業2・89%、電気・ガス・熱供給1・98%などが高く、教育・学習支援業1・43%や複合サービス業1・50%などは法定雇用率に達しなかった。

ユニクロに続いて多かったのが、マックだそうで、その次がしまむらだったそうです。
障害者雇用促進法では、企業などに障害者の最低限の雇用割合が定められており、
民間企業の法定雇用率は1.8%だそうです。
5000人以上の企業の平均雇用率は1.79%でほぼ法定雇用率くらいですが、
業種別に見ると法定雇用率を上回っている業種と達していない業種もあったりと
偏りがあるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000319-yom-soci

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。