FC2ブログ
医薬品・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医薬品


ジェネリック医薬品優先使用、

厚労省が処方せん様式変更へ


以前もこの内容の記事を見ました。厚生労働省は、新薬と有効成分が同じで価格の安い
ジェネリック医薬品いわゆる後発医薬品を促進するため、後発医薬品を標準にする
処方箋様式に転換する方針だ。

 厚生労働省は、新薬と有効成分は同じだが価格が安いジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及を促進するため、医師が患者に薬を処方する際、これまでは新薬の使用が「標準」だったのを、後発医薬品を「標準」に転換する方針を固めた。

後発医薬品とは、新薬の特許が切れた医薬品と同じ主成分を有する薬で、
開発にかかる膨大な時間と、費用を削減できるため、新薬より安く提供できる。
最近CM等で見かけるのでご存知の方は多いかと思います。
でもここで注目すべきは主成分が同じということです。同レベルの効能、効果が期待できる
ようですが、湿布や風邪薬等はまだしも、膨大な時間と費用をかけて開発された薬と
まったく同じだとはとても思えません。
つまり、効能、効果も新薬と全く同じだとは言い切れないと思います。
この点をしっかり理解したうえで判断していったほうがいいと思います。

 
処方せんの様式を改め、あえて新薬を選ぶ場合は、医師が処方せんに理由を明記することを求める方向で検討する。増え続ける医療費を抑制するのが狙いで、2008年度からの実施を目指している。

 現行の処方せんは新薬が基本だが、06年度の診療報酬改定で、「後発品への変更可」という欄が追加された。欄に医師の署名があれば、薬局などで後発医薬品の処方が増えると期待されていた。

結局国の考えは医療費の削減が最優先で、ジェネリック医薬品の本当の安全性、新薬と
本当に効能、効果が一緒なのか、どうなのでしょうか。と疑問に思ってしまいます。
今の時点で、個人的には後発医薬品を処方してほしいとは思いません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000101-yom-pol

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。