FC2ブログ
医師不足・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師不足


<勤務医>7割が週48時間以上労働 

病院会調査で明らかに


身内に医療関係の仕事をしている者がおり、勤務医の大変さはよく耳にしていました。
医師不足が問題になっている昨今、勤務医の7割以上が、1週間の勤務時間が
法定の40時間を大幅に超え、48時間以上に達している。

 全国で働く勤務医の7割以上は、夜勤当直を除く1週間の勤務時間が、法定の40時間を大幅に超えて48時間以上に達していることが10日、社団法人日本病院会の調査で明らかになった。医療過誤の原因として「過労」と答えた医師も7割に上っている。過労によるうつ病で自殺した小児科医(当時44歳)について先月、東京地裁で労災適用を認める判決が出たが、医療現場で広く同様の過酷な勤務実態があることを裏付ける内容。厚生労働省は医師不足への本格的な対策を迫られている。

これでは医療過誤の原因として過労と答えた医師が7割にも上るというのが納得です。
医師不足といっても患者は待ってくれないですし、減りもしません。
今いる医師でなんとか対応していかなければならず、結果医療ミスでも起これば直ぐに
裁判等になり、これでは医師不足はいつまでたっても改善されません。
厚生労働省は、早急な対策が必要です。
 

調査は昨年7月、全国2535病院を対象に行い、5635人の勤務医から回答を得た。結果は10日夕、厚労省の「地域医療支援中央会議」で報告される。
 1週間の勤務時間を聞いたところ、「48~56時間未満」が26.1%(1469人)で最も多く、▽64時間以上=23.2%(1307人)▽56~64時間未満=20.8%(1173人)と続く。週48時間以上働いている勤務医は計70.1%に達する一方、法定の「40時間未満」は4.1%(229人)にとどまっている。
 「夜間当直をする」と答えたのは71.6%(4034人)。月の夜勤当直回数は、▽3~4回=40.8%(1645人)▽5回以上=17.1%(688人)で、「2回以内」は41.9%(1692人)だった。また、宿直勤務をした医師の88.7%が、「忙しさと無関係に翌日も通常勤務せざるを得ない」と答えた。勤務時間、当直回数は、年齢や病院の規模による差はなかった。
 医療過誤の原因(複数回答可)については、「過剰勤務のために慢性的に疲労している」を挙げた人が71.3%(4015人)を占めた。医師不足の要因(同)についても、「過酷な労働環境」と答えた人が61.0%(3435人)で最も多かった。【坂口裕彦】

この回答を見ても、勤務医がいかに過酷な勤務をしなければならないかが分かる。
一番注目すべきはやはり、医療過誤の原因が過剰勤務のために慢性的に疲労している
と答えた人が71.3%もいるということ、そして医師不足の原因が過酷な労働環境と答えた人が
61%もいるということです。
つまりこの過酷な労働環境が改善されない限り、医師不足も改善していかないということ
ではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000051-mai-soci

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。