FC2ブログ
住宅ローン・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン


<新築マンション調査>借入額増、

物件郊外へ…条件悪化 


リクルートの調査で都心部の地価上昇が背景にあり、購入者の住宅ローンが増加、
物件が都心から郊外へと流れているようです。
ますます首都圏でのマイホームの購入が難しくなっていきそうです。


 リクルートが30日に発表した首都圏新築マンションに関する調査で、購入者の住宅ローンなどの負担が増えるとともに、購入物件が都心から郊外に流れるなど条件が悪化していることが分かった。都心部の地価上昇が背景にあり、理想のマイホームが遠のきつつある現状が浮き彫りになった。
 調査は首都圏1都3県で06年の1年間にマンションを契約した3536人が回答。平均年齢は35.7歳で、世帯年収は600万~800万円未満が最多だった。

理想はやはり首都圏で都心部に行くのに便利で、広さもそれなりにあり価格も普通に購入可能な額、がいいですよね。
でも地価が上昇しているということは当然物件の価格も上がっているわけで
理想に近いものを購入するためには郊外に流れてしまうのは当然ですよね。
 
住宅ローンの平均借入総額は前年比2.1%増の3029万円で2年連続で増加。物件の値上がりに対し自己資金の伸びが低かったためで、ローンの年間返済額も同11万円増の146万円だった。両親などから支援を受けた割合も同2.9ポイント減の23.4%に減った。
 マンションの平均価格は同111万円増の4004万円で全地域で上昇。東京23区に住んでいた人のうち、区部で購入した割合は69.8%と2年連続で減少しており、都心部の価格上昇から郊外に流出する傾向がうかがえる。【小倉祥徳】

物件が値上がっている反面、自己資金の伸びが低いらしく、このため住宅ローンの
平均借り入れが増加している。
首都圏に住んでいる友人が結構多いのだが、皆マイホームを購入している。
理由は、高い家賃を払うことを考えると、購入したほうがいいと考えてのことらしい。
でもやはり満足のいく物件を購入するために、都心部ではなく郊外よりの人が多い。
今後も価格の上昇は続くのでしょうか。そうなればますます郊外への流出が増えますね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000083-mai-bus_all

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。