FC2ブログ
化粧品・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧品


【中国】いまや国民的化粧品ブランド

「オプレ」 中国市場で資生堂快進撃


資生堂が中国市場で快進撃を続けているようです。今様々な事業で注目されている
成長中の中国市場ですから、今後も拡大していきそうです。
欧米には日本で当たり前の化粧品の対面販売というものがないらしく、これが中国で
受け入れられたようです。

 
■女子大生への無料美容講座拡大

 ■専門店 来年中に5000店

 資生堂の中国市場における化粧品事業が快進撃を続けている。百貨店向けブランド「オプレ」に加え、主力販売ルートの化粧品専門店が昨年、目標の1700店を上回る1710店を達成。2008年末に5000店を目指す計画だ。欧米メーカーにない対面販売が受け入れられた。05年から中国最大の女性団体、中華全国婦女連合会(婦女連)による「中国女性を美しくする教育プロジェクト」に協力し、女子大生への無料美容講座を展開中だ。巨額広告費を投じる欧米ブランドと一線を画す戦略のようだ。(上原すみ子)

 このプロジェクトは05年8月からスタート。当初は一般女性が対象だったが、昨年11月以降は北京の中国人民大学や広東省広州の中山大学などに通う女子大生向けにも実施している。今後は、対象大学を全国20大学以上に拡大する方針だ。 

 これまで北京、上海、黒龍江省ハルビン、重慶など13都市で240回、合計1万3000人の女性に美容講座を開いた。07年も15都市で200回、合計1万5000人を対象に開催する。

 北京では08年8月の北京五輪開催までに中国女性を美しくするというプロジェクトが進められており、資生堂が国内外を含め唯一の協賛企業になった。

 中国市場向けに開発した「オプレ」は00年のシドニー五輪や04年のアテネ五輪でも中国選手団の公式化粧品に選ばれたほどで、いまや国民ブランド的な存在だ。資生堂の百貨店などのインストアでのシェアトップを築き上げる原動力になった。加えて昨年10月に発売した専門店ブランド「ウララ(悠莱)」も好調な滑り出しという。

また資生堂は中国での中国女性を美しくする教育プロジェクトなるものの唯一の協賛企業で
対象を一般女性から女子大学生に拡大していく方針。
また資生堂の化粧品は五輪での中国選手の公式化粧品に選ばれており、国民ブランド的な
存在となっている。
これが快進撃に繋がっているようです。

 現在30%ほどの売上高に占める海外市場比率を、今後は中国戦略の強化で早期に40%に引き上げる方針だ。

 資生堂に限らず、日本の化粧品メーカーが中国で力を入れているのは、店頭で肌の状態や個性に応じたメークやスキンケアをアドバイスする美容部員の育成。日本で実績を持つトップクラスの美容部員を長期出張で中国に派遣するケースも少なくない。カネボウ化粧品は、今月、東京で中国やアジアの美容部員も参加したメーク技術コンテストを開催するなど、美容部員のモチベーションを高める工夫も凝らしている。

 中国市場で資生堂は08年に売上高1000億円を、カネボウ化粧品も主力で現地生産ブランドの「アクア」などを強化し、10年に200億円を目指している。コーセーも「アブニール」や最高級ブランド「ボーテ・ド・コーセー」のブランド展開を進めており、今後も中国市場が主戦場になるのは間違いない。

 中国の化粧品市場は年率2けたで成長し、上海万博が開催される10年には、日本市場にほぼ匹敵する1兆4000億円規模と見込まれている。

 ランコムなどのブランドを展開する仏ロレアルは、04年12月に、中国の国内ブランドだった「小護士(ミニナース)」を買収するなどブランド買収を進めるほか、米P&Gは巨額の広告費を投じてOLAYなどのブランド浸透を図っている。

資生堂は個人的にはじめて化粧品を使うのに買ったブランドです。
ところで今中国では資生堂に限らず、日本の化粧品メーカーが力を入れている市場のようです。特に対面販売が受け入れられていることで、美容部員の育成に力を入れている。
中国の化粧品市場は急成長しており、今後も拡大が予想されている。
中国での各メーカーの競争は激しくなっていきそうです。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000011-fsi-bus_all

Yhaoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。