FC2ブログ
パソコンリサイクル・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンリサイクル


パソコン メーカー5社の回収率は

1割未満の低水準

パソコンの出荷台数に対する回収台数の割合が1割未満の低水準にとどまっている
ということが調査でわかった。
回収されないパソコンの相当数が海外に流出しているらしいが、詳細がよくわからない。
どういうことなのだろうか。

企業・家庭用パソコンのリサイクルを進める制度が完全実施された03年10月以降、大手メーカー5社の出荷台数に対する回収台数の割合が1割未満の低水準にとどまっていることが毎日新聞の調べで分かった。回収されないパソコンの相当数が海外に流出し、現地で電子・電気廃棄物(E廃棄物)になっているとみられる。深刻な環境被害を引き起こしているケースもあり、メーカー側のPR不足を背景に、制度が機能していない実態が浮かび上がった。
 制度は資源有効利用促進法に基づき、メーカーに回収とリサイクル処理を義務づけている。企業用は01年4月から排出時に企業が費用を負担。家庭用は03年10月以降、販売価格に上乗せする形で消費者が負担している。

個人的に経験がないのでよくわからないが、我が家はパソコンを買い換えたとき、
買った電気量販店で50円か100円か支払って引き取ってもらった。
単純に出荷台数に対する回収台数の割合となっているが、買い替えだけではないわけで
買ったからといって必ずパソコンをリサイクルに出すとは限らないし
どうなのでしょう。

 

毎日新聞はメーカーへのアンケート調査で8社から回答を得た(うち3社は出荷台数を非公表)。それによると、NEC、富士通、ソニー、日立製作所、松下電器の5社はそれぞれ03年10月~06年3月末までに、70~700万台の新規パソコンを企業・家庭用に出荷。回収台数は1万台から60万台で、これを単純比較すると回収の割合は9~1%にとどまっている。

 家庭用を廃棄する際はメーカーに申し込み、送られてくる「エコゆうパック伝票」を使って引き取ってもらう。回収業者に渡した場合は中古市場に回ったり、別の業者を介して海外へ輸出されることもある。業界関係者は「日本製は性能がよく、海外でも人気がある。国内での買い替えが早く、企業や家庭から中古品が市場に大量に出回っている」と指摘する。

 メーカー側には「(消費者が排出時に費用を負担しない)新しい製品の回収はこれから増えると見込んでいる」(日立製作所)という声はあるが、「消費者へのPRが不足している状況では、今後も増えない」という見方もある。一方、仮に回収台数が大幅に増えた場合には「処理費用が不足する可能性もある」(NEC)との懸念も出ている。【ネット社会取材班】

 ◇流出先の解明必要

 ▽平井康宏・京都大助教授(廃棄物工学)の話 回収されていないパソコンがどういうルートでどこに流れているのか、解明することが大切だ。消費者もリサイクル費用を負担しているという認識が薄いのではないか。メーカーは自治体などと協力し、消費者にもっとリサイクルの情報を伝える必要がある。

メーカーの回収率が悪いということは、メーカーに回収を申し込むケースが少ないと
いうことでしょうか。
私のようにお店に引き取ってもらった場合は、使用可能なら中古品としてリサイクルされ
故障している場合は廃棄となって、回収業者に渡されるのでしょうか。それとも
メーカーに引き取ってもらうのでしょうか。その辺がよくわかりません。
パソコンの普及はかなり増加している現代、将来的に回収が増加していくのは
確実ではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000023-maip-soci

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。