FC2ブログ
保険料・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険料


65歳以上の介護保険料、

「緩やか上昇方式」を検討

確かに保険料は所得が少し増えると急激に上がる。これは介護保険も同じだったのですね。
高齢者にとってはかなりの負担となっていたのではないでしょうか。

 厚生労働省は19日、65歳以上の介護保険料について、所得区分によって段階的に上がる設定方式を見直す方針を決めた。

 所得が少し増えただけで保険料負担が急激に重くなるのを避けるのが狙いで、所得に比例して緩やかに上がる方式への切り替えを検討する。同日に発足した有識者による検討会で来年にも見直し案をまとめ、早ければ2009年度の導入を目指す。

高齢化社会になっていくわけですし、段階的にどんどんあがっていくのではなく、
緩やかに上がる方式への切り替えはいいですよね。
とられるものばかりどんどんあがっていって、支援や援助はどんどん削減される中
負担が少しでも緩やかになってくれるのはうれしいですね。

 65歳以上の保険料は現在、市町村民税の課税状況などによって、6段階の標準モデルが設定されている。本人の市町村民税が非課税だが、世帯に課税者がいる場合に基準額(全国平均月額4090円)を徴収。生活保護受給者は基準額の半額、所得区分が1段階上がると25%増しなどとしている。

現在の65歳以上の保険料は6段階設定で、それぞれの世帯状況によっても段階が変わって
いるようですが、生活保護受給者は基準額の半額で、所得区分1段階あがると25%増加
しているようです。
税制の改正で収入が変わらないのに負担増となるケースや、年金受給者世帯で、夫婦の年金額によっては、所得の少ない世帯のほうが介護保険料が高いというケース等もあるらしく
見直しが必要なようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070319-00000018-yom-pol

Yahoo!ニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。