FC2ブログ
ICカード・個人的に日々気になったニュース・政治・経済・芸能・スポーツ・事件・事故・天候など国内・海外問わず様々な出来事を綴っていきます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICカード


保険証、24年度めどにICカード化 

病歴・受診データ簡単検索


平成24年度をめどに健康保険証がICカード化されていくようです。
あらゆる方面でICが取り入れられるようになっていますね。
今後さらにICカード化が進んでいくのではないでしょうか。

 厚生労働省は16日、経済財政諮問会議に対し、平成24年度をめどに健康保険証をICカード化し、医師が患者の病歴や受診内容を簡単に見られるようにする「健康ITカード」(仮称)構想を示した。他の医療機関での受診データも閲覧できるため、持病やアレルギーなど患者の詳細な健康状態を踏まえた診断ができるほか、医療機関を変わるたびに行われる同じような検査や薬の過剰投与を省き、医療費抑制につなげる狙いもある。

ICカード化に伴い、医師が患者の病歴や受診内容を見る事ができ、持病、アレルギー等も
わかるので、医療機関を変わるたびに同じ説明をしたり、使用している薬の説明も
いちいちしなくてすむ。
同じような検査をするとか、薬の過剰投与も省く事ができる。これにより医療費抑制につながって
いくのではないか。
確かに現状では、子供が喘息のため内科にかかり、鼻炎と中耳炎で耳鼻科にいき、アトピーで
皮膚科にいっているが、内科と皮膚科は定期的に通っており、耳鼻科は鼻の調子が悪くなったり
したときにいくが、やはり行くたびに今使用している薬を説明したりはなかなか面倒です。
転勤族の我が家は引っ越すたびにまた1から説明。
(まあ紹介状を書いてもらったり、お薬手帳なんかもありますけどね。)
保険証のICカード化はとても意味のある事ではないかと思います。

 健康保険証については、22年度をめどにすべて個人単位カードに切り替えることがすでに決まっており、ICカード化はこの一環。健康ITカード構想は、患者の病歴や受診内容をデータベース化し、医師や患者はICカードを使ってこれに接続する仕組みで、当初は希望者のみとし順次対象を広げる。医師は他の医療機関での診療内容も把握できるため、複数の病院で同時期に受診している患者の薬の飲み合わせなどの危険も防げる。

 厚労省は医療機関が医療費請求する際の診療報酬明細書(レセプト)の完全オンライン化も進めており、ICカード化で保険証使用者が保険加入者になっているかどうかを即時に照会できるほか、患者本人も自分が受けた治療内容を確認でき、レセプトの記載誤りによる請求ミスをなくし医療費抑制につなげる効果も期待できる。

我が家の保険証はすでに個人単位カードになっていますが、将来的にこれがICカード化
される。高齢化が進むなかで、年配の方なんかは結構いろいろな医療機関に同時にかかられている方が結構いると思います。
私の祖父もそうですが、すごくたくさんの薬を飲んでいます。すべてを把握しているとは
思えませんので、ICカードにより医師がほかの医療機関で処方されている薬を把握できると
いうのはとてもいいことではないでしょうか。
どれくらいの投入費用がかかるかわかりませんが、有効に利用されていくものだと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000004-san-pol

Yahoo!ニュースより引用)

スポンサーサイト
Copyright © ニュースなブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。